健康が目的ではありません。家族と過ごす幸せなくらしが目的です。
連載コラム-心の人生(たび)-
私は幕末の志士「坂本竜馬」の大ファンです。
「竜馬が行く」をはじめ、坂本竜馬に関する多くの書籍を読みました。

私の会社には偶然にも高知にお取引先があります。
そちらの社長の祖先は長曽我部の重臣「桑名やじべい」の縁者でした。
彼の家は山内家ではなく、坂本竜馬と同じ郷士です。
その為、彼も坂本竜馬のファンです。

高知へ出かけた時に、竜馬のの盟友だった「武智半兵太」の生家へ連れて行ってもらいました。 また、昨年の9月から「竜馬脱藩の道を歩く」と言うツアーが岡山から出ていたので2回ほど参加しました。

この様に、自分が興味が有る事や興味の有る場所へ行くこともストレス解消になり、楽しく過ごす事が出来ます。そこで出会いがあり、別れがあり、心はその場所だけでなく竜馬と一緒に京都・長崎と夢見ていきます。

「テレビを見てハワイに行ったつもりになる」「タレントの漫遊記で珍しいものを食べたつもりになる」と言うよな事も楽しいことの1つでしょう。そして、テレビで見た場所へ実際に行ってみるのも楽しいことです。

人にはそれぞれの考え方や感じ方が有ります。
人生を楽しむ上で絶対必要なものは【好奇心】です。
どんなところへの【好奇心】もなくさずに見て感じることが大切です。

私は海外に年間で6回以上行きます。また60以上の都市にも行きます。
日本国内では全国・全県を訪ねました。
それらのお話を交えながら【心の人生(たび)】をはじめましょう。

■第1回 長崎
「坂本竜馬を歩く」という本を手に入れ、5月の連休は妻と2人で長崎に行きました。
私の住む倉敷から約550Km。
朝4時半に出発し、10時半頃にはグラバー邸につきました。

グラバーと竜馬はなじみが深く、「海援隊」の初仕事を通じて長州藩へ鉄砲と船を、
薩摩名義で買うことから始まりました。グラバー邸には「いろは丸」事件で紀州ともめていた時に、一時的に隠れていた「屋根裏小部屋」が有ります。

グラバー邸下のみやげ物店には、やはり竜馬ファンの店主がいて、色々語り合いました。そこで竜馬ステッカーとストラップを買い、公会堂前で下車し「亀山社中跡」と竜馬通りを目指して歩くこと約10分。
しかし、急な坂、階段、細道は私にとって一番苦手な道でした。
この下のあたりは寺町と呼ばれ、興福寺をはじめ多くの寺が並んでいました。
「亀山社中」は「亀山社中ば活かす会」が自主的に運営する所で、色々な団体から表彰され有名人も多くが訪れていました。
8畳と6畳からなる小さな家で、竜馬が”もたれていた”柱という柱にもたれ、「活かす会」の方と話をすると刀とピストルを持って写真を撮れと言われ、ポーズをとりました。その後「竜馬のブーツ像」「風頭竜馬像」を見て15分程歩き、電車通りに出ました。

「亀山社中」「竜馬のブーツ像」「風頭竜馬像」とも山頂付近にあり長崎の港が一望できる場所です。しかし、私の「キオク」は今回の長崎行きで全くあてにならないことに気がつきました。なぜなら、長崎には1945年8月9日に原爆が投下され、街が壊滅的な被害を受けたと思っていたが、原爆の大きさや、被害の大きさは私には分からない。
しかし、よく考えてみると「亀山社中」「グラバー邸」という150年以上前のものが実在し、今も私達が見ることが出来るということは、私が知っている(見学した)広島の原爆と比べると規模が小さいのでは?と思います。

今までに歴史の中であった2つの事がバラバラに考えていた私でしたが、今回長崎に行って、2つの事を同じに考えると奇妙な納得をおぼえました。

市民ボランティアの老人から「歴史はある面からだけの教育をする事により、事実も違ってくる」という話を聞き、今回大変考えさせられました。


健康で幸せな家族と暮らし-健康酵素オパーニン健康友の会-
 
メインメニュー
自然治癒力
現代人は酵素不足?
健康酵素オパーニン
小さいお子さんとお母さんへ
オパーニン体験談
心の人生(たび)
オパーニンご購入はこちらから
代理店募集
お問合せ
特定取引に関する表示
プライバシーポリシー
サイトマップ
トップへ戻る
オパーニンレシピ集
オパーニンを使った”おいしい”お料理 のご紹介です。

健康酵素 オパーニン
健康酵素オパーニン
>>ご購入はこちらから<<
オパーニン健康友の会本部
岡山県倉敷市西阿知町637
フリーダイヤル:0120-04-0820
メール :info@oparnin.com
Copyright (C)2004 KUJAKUMATO Co.,LTD All rights reserved